2013年07月

Adwordsサポートの費用

ブログネタ
Google関係 に参加中!
Adwordsサポートの費用をいくら位に設定するかが悩ましい。
世の中的には2割くらいの設定を実施している会社が多いようだ。

10万円の実広告費に対して 、12万円のお金をいただくような形だ。

ただ、私の場合、自社で実施している広告と、とあるお客様で実施している広告と2つしか実績がない。

自社の分は、それはそれは長いことやってたりしているため、経験値は十分にあるつもりだ。大事なお金を払うわけだから、十分に検証しながら、試行錯誤しながら実施した。
広告をクリックしてもらうためには、琴線に触れる何かを広告分に織り込む必要が有ることも十分にわかった。

その上で、サポート費用の単価設定が悩ましい。 

うなぎに関するご提案

うなぎが乱獲で絶滅危機

私が考える解決策。

まず、専業うなぎ屋さんのためにも、くじらの様に漁獲制限。
スーパーや牛丼屋など専業ではないお店での販売禁止にするべきだと思う。

専業とそうでないお店の境目は売上のパーセンテージで決めていい。

その上で、販売禁止にすれば、自然と漁獲量も減る。
あとは、専業による便乗値上げを禁止して、罰則を設けてはどうだろう?

 

アメリカの雇用統計

アメリカの雇用統計が先週金曜日に発表され、予想を上回る好結果。

それどころか、過去分に関しても上方修正で一気に(円安ではなく)ドル高が進み 、101円台に戻ってきた。

94円〜103円が現在のレンジってところか。

この雇用統計、今後、また失業率の数字と絡んで、QE3の話が出てくるんだろうけど、まだまだ、QE3の終焉は遠そうだ。
アメリカの失業率は求職を始めないと、失業者としてカウントされないらしく、今後、経済の回復によって、失業者の母数が増えてくるらしい。さらに、パートタイマーな労働者がフルタイム労働を求めて、失業者に入ってくる。

そうなると、7%という失業率目標はまだまだ先のお話。

いずれにしても、アメリカの景気が良くなるのと、日本の景気が良くなるのがリンクしてくれるのが一番。

今回のアベノミクスと呼ばれている経済政策で、私自身が感じたことは、やっぱり景気の気は気分の「気」ということで、株価上昇で気分が向上することは大事なことだなと。
実体経済が伴ってなくても、気分が上昇することは大事なことで、それで経済が回っていってくれればと感じている次第。
 
福岡の天神でも、多くのビルが新しくなり、新店舗が入ってきている「気」がしております。 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ