SEO

検索ワードを見る

 Webサイトを制作した後、Google Analyticsで来訪者のキーワードを見ることが現在はほとんどできなくなってしまいました。

 結構なビッグキーワードでお客様のサイトを上位表示させるべく狙っております。
 「福岡 弁護士」ってキーワードなんですが、全然、上がってくれないんですよね。 そのサイト自体はまだまだ、弁護士さんたちがWeb制作に手を出す前では、結構な順位に表示されていましたので、ページ自体をSEO的に正規化させてしまえば、すぐにでも上がると読んでいたのですが、上がって行きません。

 もちろん、上位表示の手法は「王道」で攻めております。バックリンクを買うような邪道は利用しておりません。

 少しずつ、ページを増やすなどの方法で地味に作業させていただいてます。 

 やはり、課題としてtwitterなどでの告知かもしれません。 

Webmasterツール

今週に入ってから、Webmasterツールをあれやこれやとチェック中。
さらにもって、ファイルを再帰的に探しながら、sitemapを作成するPHPプログラムを作成したりとやってます。

色々と見ていて、確かにGoogleの検索にも表示はされているんですが、Webmasterツール上ではインデックスされていないと表示されてしまうサイトがいくつか有りまして、これらはどういう状況なんだろう?と思っております。

まあ、その状況がいいわけではないだろうと上記のツールを作ろうと思いいたった次第です。

 ページ数が少ないサイトにおいても、地道に設定をしていってます。

52 

右のような感じの状況でして、全てがインデックスされるのはいつなんだろうか?? 

キーワード選択

SEO対策の基本中の基本は「キーワードの選択

キーワードがよくないと、最終目的に繋がらない。

検索エンジンで上位表示されたとしても、効果が問題になる。
アクセス数の向上と最終目的(売上や会員登録など)は一致しない。うっすらとした相関はあるけど、広告などを利用しても、一致しない。

逆に仕事としては、そこが面白いんです

1単語のキーワードがいいとも限らないし、ビッグキーワードだけでいいとも限らない。

むしろ、2〜3フレーズの効果の高いキーワードが有効な場合が多いんです。

以上を踏まえて、ターゲットのキーワードを決めたら、まず最初はそれで広告を出して見ることをお勧めしてます。
理由は周辺キーワードもわかること。

単価と1日上限を抑えてしまえば、費用は大したことありません。
数日間だけの出稿でもいいかと思ってす。

それで、効果が有りそうだと判断したなら、今度はサイトやページ自体への対策です。

と言いつつ、知り合いから「法教育」というワンワードで上位表示したいと依頼されて、無償で協力したりしております。


人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ